コース案内 美容科

教育課目の紹介

2年間で基礎から応用まで、きっちり学びます。必修課目では、美容師として欠くことのできない専門理論や技術、一般教養課目では、ネイルやカラーコーディネート、さらに専門教育科目では着付技術やアップなど、多彩なコースを用意しています。技術・感性をしっかり磨くことができます。

関係法規・制度
美容師法などの美容師の業務に関する衛生法規や制度、消費者の保護法規や制度、また、公衆衛生を担う美容師の社会責務、職業倫理について勉強します。
衛生管理
公衆衛生の意義と本質を学び、美容師の業務内容と感染症予防、環境衛生の保持のための衛生管理、消毒の方法などを勉強します。
美容保健
美容技術の基礎となる人体組織、皮膚、毛髪などについて構造や機能に関して学びます。
美容の物理・化学
美容機器・香粧品の適正な取扱いができるように、物理・化学の基本原理や応用について学びます。
美容文化論
美的感覚を身につけ、洗練させるためデザインや服飾なども学び、芸術的な表現力や鑑賞力を養います。色彩検定に向けた、カラーコーディネイトの授業も行っています。
美容技術理論
美容技術を衛生的、能率的に行うための基礎知識や美容器具、実際に即した基礎技術の科学的合理的な方法を学びます。
美容運営管理
マーケティング、経営管理、労務管理などの基本的な理論や事項、また接客法、消費者対応を学びます。また、それらを実践する能力を高める実習をします。
美容実習
美容の業務を安全、効果的に実践する技術や基本操作を確実に身につけ、衛生管理のため器具の消毒の実施方法なども学びます。美容の総合的な技術の基礎を身につけます。
コミュニケーション学
社会人としての心構えを養い、良識ある美容師になるために、接待、一般常識など勉強します。
美容カウンセリング
美容業務のサービスの一環として行うカウンセリングの意義、目的、内容などを学びます。
美容総合技術
必須課目において習得した技術を基に、さらに発展させた高度な技術を身につけます。メイク・アップ、ネイルの授業も行っています。
カット
スタイル作りをしていくうえで、全ての技術の土台となるカッティングを基礎から応用まで幅広く学んでいきます。
着付技術
黒留袖の着付を中心とした基礎技術、また、変わり帯結びなど実践的な技術も学びます。
アップ
編み込みから、着付やドレスに合うアップスタイル作り、コンテストに向けてのスタイル作りを学びます。

卒業までのスケジュール

スケジュール