卒業生インタビュー



勇気をもって挑戦することが大切

学生時代から、東京で就職したいと、ずっと考えていました。数あるサロンの中から、自分が働きたいお店を見つけようと思った時に、やっぱり自分の好きなスタイルを作るお店に就職したい!という思いが強くなりました。

とにかく美容雑誌を沢山読みました。その中で自分が良いなと思う作品を並べたところ「カッコいい!可愛い!」と思った作品は、ほとんどHEARTS・Doubleでした。実際に就職して、お客さまが可愛く変身していく姿を目の当たりに見ることができるのは、本当に幸せです。

今はまだまだ勉強の日々ですが、サロンワークだけではなく、ヘアショーやセミナーを幅広く、毎日刺激を感じながら、楽しく仕事をしています。

学生時代に大切なことは、自分がやりたい!と思っている事に積極的に取り組むことだと思います。私も、東京に就職したいという自分の夢に向かって行動し、HEARTS・Doubleに挑戦していなかったら、今の自分はないと思っています。

皆さんも、自分の思い描く夢に向かって、勇気を持って挑戦してほしいと思います。


    



必要とされる為に頑張る

就職活動のサロン選びは、一生に関わる大事なことなので、調べて当然だし、SNSやインターネットの情報だけじゃなく、実際に足を運んで知るのは当たり前。どういう店なのか何をやっているのか、行けば何か感じると思います。

もし一緒に働くなら、困難や苦労を楽しめる人がいいですね。お互いにとって幸せな環境にならないといけないですから。
しんどくない仕事なんてないから、どう楽しむかだと思います。美容師の仕事は、楽しみながらいろんな勉強をして、サロンワークを通じて、お客様に喜んでもらう仕事。必要としてくれる人の為に頑張った分、喜びもひとしおです。

僕の専門学校時代、通信のスクーリングは、サロンでの緊張感から解放されて、友達と遊びに行く感覚で学校へ行ってました。
みんなとにかく賑やかだったし、目立つことが好きだから、専門学校の先生は大変だったんじゃないかと思います(笑)

サロンでは、同期のメンバーが次々にスタイリストになっていき、要領が悪かった自分は、テストになかなか合格できず、長いアシスタント時代を過ごしました。でも、なぜか根拠のない自信みたいなものがあって、同期のメンバーに追いついて、追い抜くには、どうすればいいのか常に考えていました。まだまだ自分の中でも道の途中だと思ってますので、これから、刺激し合えてお互いプラスになる人と出会えるように、自分の魅力を高めていきたいです。



乗り越えてこそ成長がある

サロンワークで心掛けていることは、自分をもっとアピールして売り出すことです。

サロンの雰囲気は楽しく、お客様にも喜んでいただけるので日々のサロンワークはとても充実していますが、働くということはもちろん楽しいことばかりではありません。

時には営業中やレッスンで辛いこともありますが、それを乗り越えてこそ成長があると思い毎日頑張っています。現在はカラーリストとしてカラーの勉強に励んでいます。

このサロンを選んだ一番大きな理由が、全国でも有名なヴィダルサスーンカットコンテストで優勝者を輩出していることなので、いつか自分もその舞台に立って、賞が取れるような技術を身につけたいと思っています。

先輩から厳しくも優しく、丁寧に教えてもらえるので、自分が上達していくのがよくわかります。レッスンの環境としてはとても恵まれているので、これからもたくさんのコンテストに挑戦していこうと思っています。

    



継続は力なり

美容師になって10年以上経った今、新しくオープンしたお店の責任者をさせていただいたり、別の店舗との掛け持ちをして充実した毎日を送っています。忙しいなかでも、後輩の進化と成長に繋がっていけるように、共にレッスンをしたりと、あっという間でした。

東部から5人後輩も入り、かっこよく頼られる先輩でありたいと思っていますが、現状は近所のお兄ちゃんくらいの扱いです(笑)大阪に居るのに、まったく広島感が抜けないところもみんなの良さかなぁとも思っています。

入社したきっかけとなったのは第一印象で伝わってきたスタッフの温かさと仲のよさです。大家族主義という言葉を掲げており、新入社員からオーナーまでが家族のように仲良く、仕事もプライベートも分け隔てなく毎日が送れるというところに惹かれました。一年目からでもどんどんチャレンジさせてもらえるし、挑戦の意味も込めて、色んな仕事や役割を任せてもらえます。

社会人になり、一番大事なのは何事に関しても続ける事だと痛感しました。学生時代は、無遅刻無欠席の皆勤賞を頂きましたが、下校する時間は誰よりも早かったことも事実でして・・・練習が嫌いすぎて、自主練みたいな事はした記憶がありません。働き出したら毎日レッスンだったので、最初は本当に辛かったです・・・
ですが、朝早くても夜遅くても共に頑張る仲間と指導してくださる先輩がいたので、乗り越えることができました。

一度二度失敗したからといって諦めていては何も実らないですし、何も残らないと思います。上手くいくまで続けることが必ず将来の自分にとっての糧となります!やるもやらないも、すべて自分が決めることです。美容師という職業は、続ければ続けるほどに楽しさを実感できるので、今から皆さんには是非ともやりきって、やり続けてもらいたいです。



すべての出会いに感謝

高校生の時に通っていたサロンの方が凄くかっこよくて、人を喜ばせることができる素晴らしい仕事だなと思い、美容師に憧れるようになりました。元々自分の髪や人の髪をセットするのが好きだったから、迷わず美容学校へ入りました。

この学校を選んだ一番の理由は家から通えること!
そしてもう一つはオープンスクールに参加した時に、先輩たちが楽しそうにしていて雰囲気がいいなと、肌で感じたこと。それから国家試験の合格率の良さです。

2年間の学校生活は、クラスのみんなと仲がよく、楽しくない日は一日もないくらい充実していました。先生方も一人一人に丁寧に接してくれて、自分の親みたいに感じるくらい、感謝しきれないくらいです。たくさんの出会いがあり、そこからまたたくさんの事を学びました。今の自分があるのも学校のおかげです。

卒業して入った今のサロンは、コンテストや撮影に力を入れていて、日々レッスンに励んでいます。そんな環境のなか、楽しくのびのびと仕事をさせてもらえ、自然に美容への向上心も湧いてきました。このサロンで働いて、もっともっと美容が大好きになったので、オーナーにはとても感謝しています。これから先も、すべての出会いに感謝して頑張ろうと思います。